更年期と冷え、悪寒の関係

MENU

更年期と冷え、悪寒の関係

更年期障害になると身体が火照ったり汗をかきやすくなるというイメージがありますが、冷えや悪寒も更年期障害特有の症状の一つです。

 

体が熱くなるという考えを持っている方はこれらの症状を見逃してしまいがちです。特に思い当たる原因もなく、身体が急に冷えたり悪寒を感じたりした場合、更年期障害を疑いましょう。

 

冷えや悪寒と更年期障害の関係性

 

更年期障害は卵巣機能が低下し、女性ホルモンが急激に減少することで、身体いたるところで様々な症状が出ます。冷えや悪寒もその一つで、身体が火照った後に起こったり急に起こる場合があります。

 

女性ホルモンが減少することで自律神経のバランスが乱れ、体温調整が上手くできなくなってしまいます。すると身体は急に暑さを感じたり、逆に寒さを感じたりします。

 

対処法

 

冷えや悪寒は自律神経の乱れから生じるものなので、心身をリラックスさせ自律神経を落ちるかせることが大切です。

 

毎日できる方法として、身体を温めながらストレスが解消できる入浴がオススメです。血行促進することで自律神経の乱れを整え、心身の緊張をほぐすことができます。ウォーキングや軽いジョギングなどの運動も効果的です。身体を動かすことで健康維持にも繋がります。また、強い身体を作ることで、更年期に気になる心身の不調にも対応しやすくなります。

 

読書をしたり、アロマテラピーで神経の高ぶりを抑えることも効果的です。趣味に没頭することでストレスを解消し、自律神経の乱れを整えることもできます。