更年期と耳鳴り、めまいの関係

MENU

更年期と耳鳴り、めまいの関係

更年期障害の症状の一つである耳鳴りやめまいは、長期間続くと日常生活に支障をきたします。これらの症状は、原因を知り正しい対処をすることが重要です。

 

耳鳴りやめまいの原因

 

更年期の耳鳴りやめまいは、女性ホルモンの低下により自律神経が乱れ、感覚器官が上手くコントロールできなくなることで発生します。

 

更年期障害の耳鳴りやめまいの特徴として、症状が長期間続く、原因や前触れがない、ということがあげられます。耳鳴りは比較的症状が軽い方が多く、耳の中で音を感じるという場合が多く起こります。

 

対処法

 

これらの症状の緩和、対策法として、普段から充分な睡眠を取ることがあげられます。睡眠時間を確保することで身体をしっかりと休め、自律神経を整えることができます。

 

また、ストレスを解消する効果のあるアロマテラピーも効果的です。女性ホルモンの乱れを整えるアロマもあるので、自分の好みや目的に合ったアロマを試してみてはいかがでしょうか。

 

急にめまいや耳鳴りが起こってしまった場合、無理に動かず症状が治まるまで安静にしていましょう。無理に動くと怪我をする恐れがあります。座れる場合はその場に座り、横になれる状況であればゆっくりと身体を横たえましょう。

 

めまいや耳鳴りは血圧が高すぎたり低すぎる場合にも起こります。健康な血圧を保つために、血流を良くする生活習慣を意識しましょう。適度な運動、毎日の入浴、血行促進効果のある食べ物を摂取するなど、少しの工夫で予防することができます。