更年期障害に効くサプリメントランキング【最新版】

MENU

更年期障害におすすめサプリメント!

40代半ばに差し掛かると気になる更年期。訳もなく気分が落ち込んだり、イライラしたりするのも、更年期障害の始まりかもしれません。はっきりとした不調がないのに、病院へ行くのは気が引けるもの。

 

そんな方に気軽に試せるのが、更年期障害に効くサプリメントです。体力や免疫力が落ちてきているカラダを、労わる成分が配合されています。当サイトでは、更年期障害に効くサプリメントの、最新ランキングをご紹介。そろそろ更年期かなという方に、どうぞ。

 

白井田七の特徴

白井田七は、和漢のチカラで更年期障害に効きます。有機栽培の田七人参を、ギュッと固めて錠剤にしています。田七人参は古来より珍重され、更年期に嬉しい成分が豊富に含まれています。サポニンやギャバのほか、ミネラル、ビタミンや必須アミノ酸、葉酸など数十種類も。1日めやす4粒。利用者の94%がその効果を実感。不調が続く、なんとなくだるいに効く。植物由来のもので改善したい方に選ばれています。15日間返金保証あり。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 田七人参の他、数十種類の成分

 

ローヤルゼリーキングの特徴

ローヤルゼリーキングは、特有成分デセン酸が更年期障害に効きます。デセン酸は脳の視床下部に働きかけて、自律神経の乱れとホルモンの乱れを整える働きがあります。これにより更年期にありがちな、なんとなくだるいに効果あり。40種類以上の豊富な栄養素が、更年期の体を健やかに。1日めやす3粒。独自の酵素分解により、吸収力をUP。飲みやすい小粒に仕上げています。自然のもので更年期を乗り切りたい方に人気あり。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 デセン酸、他40種の栄養素

 

基本のサプリの特徴

基本のサプリは、厳選の4成分で更年期障害を改善します。40代からの女性のカラダに嬉しい、4成分を配合。1日めやす2粒に、大豆イソフラボン25r、ポリフェノール200r、葉酸400μg、ビタミンD1200IUを配合。普段の食事だけでは不足しがちな栄養素を手軽に補えます。また、独自の吸収されやすい素材を使っています。不安感、やる気が出ない方に選ばれています。食品メーカーがつくるサプリメントです。

価格 2,730円
評価 評価3
備考 厳選4成分配合

 

更年期障害とは?

 

近年、更年期障害で悩んでいる方が増加しています。更年期障害をサポートするためのグッズや市販薬も多く販売されるようになり、病院でも更年期障害の治療が進められています。では、多くの方を悩ませる更年期障害とはどのようなものなのでしょうか。

 

更年期障害とは、名前のとおり更年期に現れる女性特有の病気のことです。45〜55歳の生殖不能期に生じる不定愁訴の総称で、個人により症状は様々です。

 

生殖不能期に入ると、卵巣から分泌される女性ホルモンの量が減り、自律神経失調症を引き起こします。自律神経失調症は、自律神経系の不定愁訴を指します。更年期障害に良く見られる症状として、ほてりやのぼせ、精神的不安定、ストレスなどがあげられます。個人により症状の重さには差があり、それぞれに合った治療法が求められます。

 

更年期障害の診断方法

 

更年期障害の疑いがある場合、専門医の診断を受けましょう。症状には個人差があり、内科疾患から精神疾患など、複数の診療科の受診が必要になることがあります。自分では気付かない症状もあるので、市販薬などを使い個人で治すことは禁物です。

 

診断方法は、血液検査や質問用紙の回答など様々な方法があります。客観的、専門的に治療を進めるために、病院でしっかりと検査を受けましょう。

 

更年期障害の治療法

 

ホルモン量が低下する更年期障害は、一定期間が過ぎれば低下したホルモン量に身体が慣れるため、自然に良くなると考えられています。そのため、治療は更年期障害の症状を軽くすることが求められます。

 

治療法は病院や個人の症状により異なりますが、周囲の環境により病状は変化しやすいので、生活習慣や環境の改善が基本的な治療となります。身体的な症状が現れる場合はその病状に合った薬物療法が行われます。

 

更年期障害はいつからいつまで続く?

 

更年期障害は女性ホルモンの変化により起こるものです。近年、多くの女性を悩ませている病気の一つでもあります。更年期障害は、どのくらいの期間続くものなのでしょうか。

 

個人により差がある

 

更年期障害というと閉経後に起こるものだと考えている方も多くいます。しかし、更年期障害とは、女性ホルモンの分泌が衰えて卵巣機能が停止し、低下した女性ホルモンの量に身体が慣れるまでの期間を指します。

 

このため、女性ホルモンの量によって個人差が出てきます。早い方では30代から更年期障害の症状が出てくる場合もあります。早く症状が出てしまう方は、若い頃に不規則な生活習慣を送るなど、ホルモンバランスを崩す要因を持っている場合に多く当てはまります。

 

また、更年期に入っても症状がほとんど出なかったという方もいます。このようなことから、更年期障害の期間には個人により大きな差が出てくると言えます。

 

平均的な期間

 

更年期障害の期間には個人により大きな差があるということは先述のとおりですが、平均的に40代半ばから50代半ばに多くの方が症状を訴えています。

 

日本の女性の閉経は平均で51歳と言われており、この前後の期間に更年期障害が出てきます。平均すると、閉経をはさんだ前後10年間が更年期障害が出る期間と言われています。

 

ただし、近年の生活習慣の変化に伴い、閉経は早まっている傾向にあります。更年期障害の予防を行う場合、30代から始めるようにすると良いでしょう。

更新履歴